2007年06月30日

爪水虫は皮膚科で

爪水虫にかかったら何科に診療してもらうか。

これは、水虫が皮膚科ですので、その発展形といえる爪水虫も当然皮膚科に診てもらいます。

もともと爪は皮膚が変化したものですから。

水虫は、白癬菌という菌がもとになる病気ですが、爪水虫も同じです。

この白癬菌が爪の中にまで入り込んできたのが、爪水虫。

この爪水虫にかかったかどうかは、ぱっと見では、専門家でも判断しがたく、検査をしなくてはわかりません。

水虫はいわゆる感染症ですので、一緒に住んでいる人などに移してしまう可能性があります。

ですので、こういった病気は、一日も早く治療しておく方がいいでしょう。

おかしいなと思ったら、まずは皮膚科を訪ねましょう。
ラベル:爪水虫
posted by カラダ at 10:19| Comment(13) | TrackBack(1) | 爪水虫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。