2007年06月26日

白癬菌の生命力

これから夏場にはいると、水虫で悩む人も多くなるのではなかろうか。

足がかゆくなる季節である。

水虫の原因となるのは白癬菌という菌。つまり水虫というのは感染症なのである。

水虫は早く治した方がいいのは、家族に移す可能性があるからである。

そして、白癬菌というのは、生命力がもの凄く強い。

たとえば、切った爪を養分にして、そのなかで半年ほど生活するほどの強者らしい。

水虫をほっておくと、爪の中に入る爪水虫となる。

こうなると塗り薬が届かないのでなおさらやっかいになる。

気をつけよう。爪水虫になってしまうと通院して、飲み薬を飲むなど本格的な治療が必要だ。
ラベル:爪水虫 水虫
【関連する記事】
posted by カラダ at 23:26| Comment(0) | TrackBack(1) | 爪水虫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

祝!ど-てい卒業しました!
Excerpt: 西川先生みたいな女の人に37マモナ買ってもらえました! 
Weblog: けいた
Tracked: 2007-07-01 06:37
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。